MENU

糖尿病に気をつけるなら

弁当

完璧に栄養が管理された糖尿病食が必要なら、自分で料理するのもよいですが、宅配してくれる業者の活用も考えましょう。冷凍に対応している業者もあるため、必要と感じたときだけ、宅配の糖尿病食を食べることも可能です。

詳しく見る

一食あたりの相場とは

老人

主食のみを変えるのも手

腎臓病となると腎臓病食という専用の食事をする必要が出てきます。腎臓病食は塩分制限とタンパク質制限が大きなポイントです。和食は塩分が多いことで知られていますし、洋食はタンパク質が多すぎることがあります。自宅でおいしい腎臓病食を作り続けるのはかなり大変です。そのような場合、宅配での腎臓病食を利用するという手があります。腎臓病食を提供する宅配サービスはいくつかあり、費用も様々です。普通の宅配食と比べるとやはり割高にはなるのですが、腎臓病の場合は食事も治療の一種といえるので、それを考えるとそこまで割高とはいえません。会社によってかなり費用差はありますが、一食あたりの最安値はだいたい300円程度です。ただこの費用だと塩分制限はかなってもタンパク質制限はできないことが多いです。両方必要な場合は一食あたり500〜700円ほどは見ておく必要があるでしょう。三食すべて宅配でまかなうと費用的にはかなり高くなってしまうので、一日のうちでしっかりと食べたい食事を宅配利用とし、それ以外は自炊するというのも手です。また、まとめて注文したり、定期利用したりすると安くなることが多いので、ある程度試してみていいなと思ったら定期利用などに切り替えるのも手です。タンパク質制限がネックとなることが多いのですが、それについては主食のみを代替するというのもおすすめです。主食を変えるだけでかなりタンパク質を控えることが可能となるため、栄養バランスがとりやすくなります。

おいしい食事で続けられる

箸と茶碗

腎臓病になるとそれ以上の悪化を防ぐために食事療法がとても大事になります。腎臓病食はタンパク質、塩分、カリウムなどの制限があります。料理が大変、おいしくない、そういった不都合を改善してくれるのが宅配腎臓病食です。

詳しく見る

糖尿病と一緒に暮らす

和食

糖尿病食は自前で用意しようと思うと大変な手間がかかります。そこで、糖尿病食を宅配するお店が活用できます。それらのお店では、管理栄養士の監修のもと、栄養バランスに優れた糖尿病食のお弁当を提供しています。味付けも申し分なく、楽しく食事制限をすることができます。

詳しく見る

腎臓が悪くても食べられる

食事

腎臓を悪くしていても、デリバリーで美味しい食事を食べたいのなら、腎臓病食の宅配業者のお世話になりましょう。公式サイトには成分表のほかに、メニューの写真も載っているため、美味しそうだと感じるものを選べます。

詳しく見る

塩分やカロリーなどに配慮

男性

宅配糖尿病食は、カロリー・塩分等のコントロールがしっかりされている点や、だしや素材の旨味が効いた味付けがされているので、普段の食事同様に満足できます。なお、塩分は1食あたりで2g前後で作られていて、塩分摂取基準もクリアされています。

詳しく見る