MENU

おいしい食事で続けられる

箸と茶碗

食事療法はとても大事

腎臓病は腎臓の糸球体や尿細管が冒されることで腎臓の調子が悪くなる病気で、腎臓病には様々な種類があり原因や症状が異なります。治療はかかりつけ医の指示に従い食事療法、血圧管理、薬物療法などで腎機能の悪化を防ぐことが大切になります。自分で行う食事療法はいろいろと制限がありタンパク質、塩分、カリウムなどで医師や栄養士の指示をしっかり守ることが大切です。なぜそのような制限が必要かといえばタンパク質を摂りすぎると処理する糸球体のろ過機能が衰えるのでそれを防ぐことが目的です。塩分制限は腎機能が低下すると塩分の排せつ機能が弱まり排出できずに体内に残り、そうなるとむくみや高血圧、さらに進行すれば心不全や肺水腫になります。カリウム制限は腎臓が弱くなると電解質の一種であるカリウムの排出も減少し細胞の働きが低下する高カリウム血症となります。腎臓病食がいかに大事かは分かっていてもそれを日々三食きっちり守ることはとても難しいものだと感じることがあります。それに料理が苦手な人、忙しい人、一人暮らしをしている人には不可能かもしれません。しかし宅配弁当を利用すれば腎臓病食を手軽においしくすることも可能です。腎臓病食の制限を考えると宅配弁当といえどあまり期待できないと感じるかもしれませんが、守らなければならない制限のもと味、見た目、メニューにもこだわりのあるものがたくさんあります。腎臓病食でもおいしいから続けられる、そう工夫されているのが宅配弁当の魅力です。宅配腎臓病食は小分けになった弁当が冷凍された状態で届き、食べたい時にレンジで温めれば新鮮でおいしい食事ができます。